未認証のくせに高いよ。など、Mixiの足あと廃止に抗議するため、日記をこっちに移転しました。
2013年06月06日
レッドブルの成功を機に、外国ブランドのエナジードリンクが続々と
日本に上陸してきているのですが、これらの製品に共通していること
はエナジードリンクとしての効能を証明するための指定医薬部外品の
認証を取得しない、単なる炭酸飲料、もしくは清涼飲料水であるにも
関わらず、平然と180~200円前後の価格で売られていることで
す。

しかも、何をとち狂っているのかスターバックスコーヒーも6月25
日からセブンイレブン限定で未認証エナジードリンクを発売するよう
です。そして、お約束のように191円と高価です。効果があるのか
ないのかわからないくせに高価なエナジードリンクがそうそう売れる
とは思えません。

指定医薬部外品の認証を得ることでパッケージでもテレビCMでも、
その効果、効能を謳って販売できるほか、清涼飲料水、もしくは炭酸
飲料では使えない薬効成分が使えるようになるのに、レッドブルでは
わざわざこの認証を回避するためにスウェーデン本国のものと成分を
変える。という不可解なことをしています。医薬品には、薬局で、な
おかつ薬剤師もしくは指定販売者による対面販売でないと売れない。
という規制があるのですが、指定医薬部外品には販売者や販売方法に
関する規制はありません。

それなのに指定医薬部外品の認証を得ようとしないのは不可解です。
認証がない以上、100~120円で売られているオロナミンCやデ
カビタCなどの国産未認証エナジードリンクと比較した上で、「高い
からやめた。」という人は圧倒的多数になるはずです。

しかも日本では古来から指定医薬部外品(発売当時は医薬品だった。
)としてのリポビタンDも、130~150円前後と、外国ブランド
の未認証エナジードリンクよりも安価に売られています。もっとも、
今は「リポビタンDは中年が飲むもの。」というレッテル貼りが作用
しているおかげで外国ブランドの未認証エナジードリンクも売れてい
るのですが、じきに価格の割には効果がなくてバカバカしい。と見向
きもされなくなるでしょう。

スタバから日本人向け「エナジードリンク」登場 7-11で先行発売
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=143&from=diary&id=2455350
スポンサーサイト
TOPノーマル未認証のくせに高いよ。

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
http://ikuminewswatch.blog.fc2.com/tb.php/737-fe7b8677
このエントリーにトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

Copyright © 失われた足あとを求めて All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]