就職にこだわるから見た目コンプレックスになるのよね。など、Mixiの足あと廃止に抗議するため、日記をこっちに移転しました。
2017年08月09日
※なりきり日記よ。寒いと思った人は読み飛ばしてね。

私は小松すず。私は2歳のときに網膜芽細胞腫で左目と左まぶたを失
って、それが当たり前のまま今まで過ごしてきたの。ある日、中学校
を卒業したから就職しようと思ったんだけど、面接でことごとく落と
されちゃって…。どんなに体を鍛えたり、たくさんの知識を持ってい
ても左眼が無い異形の私を雇ってくれるところはなかったわ。それ以
来、「人は見た目が100%」なんだ。って落ち込んで、一時は自殺
も考えたわ。

「見た目」問題 就職で偏見も
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=4709666

でも、首を吊ったら体重が軽すぎてロープが閉まらないし、毒薬を飲
もうとしても鼻が拒絶して飲めないし、列車に飛び込もうと思ったら
駅にホームドアがついてたり…。それで最後の手段として当時、工事
中だったあべのハルカスによじ登っててっぺんから飛び降りて死のう
って思ったら、当然止められたけどその人、私を叱らずに私の空間認
識能力を誉めてくれたの。「あの不安定な足場の状態を瞬時に認識し
て何事もなくよじ登るなんてなかなかできないよ。」ってね。

■タイで顔を大きくしたついでにトリックアート美術館に行く
(デイリーポータルZ - 12月21日 09:03)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=181&from=diary&id=4352045

たぶん、生まれつき片目で過ごしてきたから、その分立体を認識しよ
うとすべく、右目の動態視力が上がったんだと思う。それ以来、私は
自殺をやめて、空間認識能力を生かした仕事ができないか?と思って
いろいろ考えた結果、立体に見える平面の絵。すなわちトリックアー
トを描く過程を動画で投稿したところ、再生回数が上がって広告収入
が入ったのはもちろん、いろんな企業や団体から依頼が来てね。あの
とき彼が私の隠れた才能を見つけてくれたおかげで今の私があるのか
な。

三十路グラドルの非情な現実…仕事は激減、貯金は無理!
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=141&from=diary&id=4708843

それに、生きているうちに「人は見た目が100%」じゃないってこ
ともわかってきたわ。一時、見た目を美しくすることに特化したグラ
ビア専門アイドルが雨後の筍みたくたくさん出てきたけど、その殆ど
が今、その日の収入に困ってるみたい。私は見た目にハンデがあるせ
いで就職できなかったけど、そのおかげで自分にしかないスキルに気
付いて起業することができたわ。稼ぐためには自分の特技に早く気付
いて、自分にしかできない何かをするために起業しなくちゃね。

スポンサーサイト
TOPなりきり就職にこだわるから見た目コンプレックスになるのよね。

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
http://ikuminewswatch.blog.fc2.com/tb.php/2261-99ce31dc
このエントリーにトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

Copyright © 失われた足あとを求めて All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]