どんな法律も歪んだ経済の前には無意味だ。など、Mixiの足あと廃止に抗議するため、日記をこっちに移転しました。
2016年12月21日
かつてのボクは少年法および児童福祉法を廃止し、たとえ0歳児であ
っても成人同様に裁かれるべきだと考えていましたが、最近は考えが
変わりました。なぜならば政治によって意図的に経済が歪まされ、法
律を作ったり変えたりしてもそれを守るのが不可能もしくは守ること
によって逆に生命及び財産を失う可能性が増えていることを考えると
多くの国民や企業が法律を守ることで生命権や財産権がほぼ保証され
るように税金の取り方と使い方を正さないかぎり、いかなる法律も変
えてはならないと今は考えています。

少年法「適用18歳未満」で賛否
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=4351758

確かに近年、未成年による凶悪もしくは重大事件は増えました。もち
ろん、中には自らの快楽のための許せない事件もありますが、その多
くは経済的な事情でやらざるを得なかったものであり、そうなった原
因の根本は消費税をはじめとする税金の機能を歪める税制と、集めた
税金を意味もなく浪費する政治の仕組みです。そのせいで国民は働い
てもほとんど稼ぐことができず、稼ぐためには誰かを殺したり騙した
りして不法に糧を奪わなければならないように経済が歪んでいます。

仮に現在の18、19歳を少年法の適用除外にしたところで彼らはそ
うしなければ生きていけない状況が改善されない限り凶悪、重大犯罪
をやめることはないでしょう。未成年犯罪を含む凶悪、重大犯罪をな
くすためには、全ての国民が犯罪を犯さなくても生きていけるように
経済を正常化しなければなりません。
スポンサーサイト
TOPノーマルどんな法律も歪んだ経済の前には無意味だ。

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
http://ikuminewswatch.blog.fc2.com/tb.php/2029-cfe9557c
このエントリーにトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

Copyright © 失われた足あとを求めて All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]