要するに私立校に学生を奪われないための自己防衛が原因だ。など、Mixiの足あと廃止に抗議するため、日記をこっちに移転しました。
2016年08月20日
朝日新聞がネットの書き込みを利用して公立中学校の制服の価格を調
べたところ、一番高いところは7万円台、一番安いところは3万円台
と倍近い開きがあることがわかりました。このニュース記事ではメー
カーや販売店が限られ、地域内で価格競争が起きにくいから。という
見解が示されていますが、ボクはそれだけではない気がします。

最大の理由は公立校でも私立と見間違うくらいおしゃれな制服が出て
きたことです。標準服の単なる色・柄違いにとどまらず、変則的なプ
リーツの入ったスカートや、まるでアニメのような極端な変形襟を持
つセーラー服など、公立校って何のためにあるんだ?と首を傾げたく
なるような凝ったデザインのものが最近散見されます。

通常、公立校の制服として紺色のセーラー服、もしくはイートンが定
められており、これらは量産効果で安価にできるのですが、私立校の
ような凝った制服を作ろうとすると、素材はもちろん、生産ラインも
別に用意しないといけない上に、実質受注生産となるためどうしても
価格が跳ね上がってしまうのです。

で、なぜ凝ったデザインの制服を作るようになったのかといえば他で
もありません。少子化に伴い、中学生の数が減り続けているため、私
立校に行こうとする子をどうにか引き寄せるべく、アイデアを絞った
結果、私立校と遜色のない可愛い制服が必要だ。ということになった
のです。

そして、凝った制服の公立校が増えれば必然的に標準服の量産効果も
小さくなり、値上がりするかもしれません。これはある意味一大事な
ので、少子高齢化を止めるべく、働けば働くほど貧しくなる現状の経
済の歪みを正さなければなりません。そうすれば私立校に行く子が増
えても公立校が凝った制服で学生を釣る必要が無くなります。

■公立中制服の価格差、最大2倍超 SNSで111校調査
(朝日新聞デジタル - 08月19日 23:32)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=4151699
スポンサーサイト
TOPノーマル要するに私立校に学生を奪われないための自己防衛が原因だ。

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
http://ikuminewswatch.blog.fc2.com/tb.php/1906-82b945c4
このエントリーにトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

Copyright © 失われた足あとを求めて All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]