グモが一気に増えた理由。など、Mixiの足あと廃止に抗議するため、日記をこっちに移転しました。
2016年05月26日
昨日22時頃、新百合ヶ丘⇔柿生間の踏切で遮断機が下りているにも
関わらず乗用車が踏切の中に入って止まり、やってきたロマンスカー
と衝突して大破、乗っていた女性は即死したそうです。この事故で後
続の列車66本が運休するなど大きな影響が出ました。そして、警察
がこの女性の家を調べたところ、遺書のようなメモが見つかったそう
です。

ボクの知る限り、今から5年くらい前まで小田急線は飛び込み自殺と
は無縁でした。なぜならば、JR線に比べて安い運賃を設定し、駅周
辺を住みやすい街として設計することで地味だけど凄い技術を持った
企業が沿線に次々と進出し、JR線の沿線に比べて働けばお金を稼げ
る可能性が高く、活気があったからです。しかし、ここ数年の度を越
した増税と福祉切り捨てはかつてあった小田急線沿線の活気を奪って
しまいました。

ボクはその昔、小田急線沿線の某所にあるモーター工場で作業してい
たことがあります。この工場は見た目は小さくて地味ですが、信頼性
の高いモーター作りに定評があり、かつてはトラックの後部について
いる垂直ゲートにはこの工場で作られたモーターが多く使われていま
した。しかし、ボクの作業契約終了寸前には垂直ゲートの需要そのも
のが減っていたのか、それとも低価格で納品してくる他社に対抗する
ためか、今までより質の悪い部品を使っていました。

その後、ボクはあちこち転々とした後、家電配送補助の仕事に入りま
したが、どういうわけかこの配送トラックには(冷蔵庫や洗濯機など
の重量物を配送するのに)垂直ゲートが備わっていませんでした。こ
のために作業に入った人が次々と足腰を痛めてしまい、募集してもな
かなか人が集まらないのだと悟ったのと同時に、あのモーター工場は
今どうなっているんだろう?と心配になりました。

そうです。昨日の踏切での自動車ごと飛び込み自殺は増税と福祉切り
捨てが続いた結果、それまで比較的活気があった小田急線沿線でも企
業の撤退や業務縮小が加速して多くの人が働く場所を失ったばかりか
残った企業もどうにか倒産を防ぐために従業員への賃金の支払いを減
らしたり、激務を押し付けたりしたために人々が疲弊し、誰がいつ魔
が刺して自殺を計ろうとしてもおかしくない状況になってしまったか
らではないか?と思えてなりません。

ロマンスカーと衝突 女性死亡
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=3994063


スポンサーサイト
TOPノーマルグモが一気に増えた理由。

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
http://ikuminewswatch.blog.fc2.com/tb.php/1810-03f3abe2
このエントリーにトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

Copyright © 失われた足あとを求めて All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]