政府が国民に信用されていないからだ。など、Mixiの足あと廃止に抗議するため、日記をこっちに移転しました。
2016年03月20日
日本政府は子供の貧困対策と称して寄付を募っているのですが、それ
を告知するために2億円かけたにも関わらずこれまでの5ヶ月でその
1/10も集まっていないそうです。無理もありません。経済の歪み
が大きくなって国民も企業も自分のことで精一杯になっているのも理
由の一つですが最大の理由は国民が政府を信用していないからです。

なぜ信用されていないのか?といえば他でもありません。度重なる増
税の一方で福祉や経済の安定のためのコストが切り捨てられてきてい
るため、多くの国民が「税金はどこに消えたんだ?どうせ自分たちの
票田に貢いでいるんだろ?子供の貧困を救う寄付なんて嘘っぱちに決
まってる。」と思っているからです。

かつて、日本政府は散々増税して、日本の経済成長をマイナスにして
おきながら集めた税金をどこかに消してしまう。という悪行を繰り返
してきました。信用を取り戻すには税金がどこかに消えるのを防ぐ一
方で、減税と財政再建を並行して行わなければなりません。日本が再
び経済成長するようになれば必然的に寄付は増えるでしょう。

子供の貧困対策、乏しい寄付
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=3885137



スポンサーサイト
TOPノーマル政府が国民に信用されていないからだ。

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
http://ikuminewswatch.blog.fc2.com/tb.php/1740-34a958c8
このエントリーにトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

Copyright © 失われた足あとを求めて All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]