売れない理由は明らかなのに…。など、Mixiの足あと廃止に抗議するため、日記をこっちに移転しました。
2016年03月19日
マツダが2017年を目処にミニバンの生産を打ち切り、簡易型SU
Vに経営資源を集中させるそうです。なぜマツダのミニバンが売れな
いのかといえば理由は明らかです。他社が庶民のためのミニバンと、
富裕層のためのミニバン風サルーンをしっかり作り分けているのに対
してマツダは元来後者の需要に応えるためのMPVを放置したあげく
にビアンテ1車種で両方の需要に応えようとしてどっちつかずになっ
てしまったからです。

庶民のためのミニバンは価格が安いのはもちろん、1台で様々な用途
に使えることが求められます。そのために、大人8人が乗れるだけで
はなく、大きな荷物を載せるために座席を小さく折り畳めなければな
りません。そのために、他社はどうやって畳んだ座席をデッドスペー
スに押し込むか?必死に工夫しているのに対して、ビアンテのそれは
畳んでも大して小さくならないため、ミニバンを買おうとしている人
たちの需要には応えられません。また、中途半端に大きなボディーも
庶民の家の車庫では取り回しに苦労するためマイナスポイントです。

一方、ミニバン風サルーンには富と権力の象徴としての寛げる空間と
上質な内外装。すなわち、大きく、広いだけではなく、富裕層が所有
するのにふさわしい気高さと気品が求められるので、本来はMPVを
改良してそれに応えるべきなのに、ビアンテをゴリ推ししても彼らに
は響きません。その結果、値引きを拡大させて、売れば売るほど赤字
になる価格でバラまくしかないのです。

そして、マツダが経営資源を集中させようとしている簡易型SUVで
すが、実は既に他社が似たようなものをたくさん作っているため、マ
ツダが割り込む余裕はありません。CX-5/3も今は物珍しさから
売れていますが、簡易型SUVを本当に必要とする人が求めているの
は5ナンバーサイズの車種なので、イグニスが登場したらCX-3が
空気と化すのは間違いありません。マツダにはいい加減何でもかんで
も安易に3ナンバー化するのはやめてほしいものです。

■ミニバン生産終了へ=SUVに資源集中―マツダ
(時事通信社 - 02月29日 13:01)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=4&from=diary&id=3874842



スポンサーサイト
TOPノーマル売れない理由は明らかなのに…。

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
http://ikuminewswatch.blog.fc2.com/tb.php/1734-f895cc4a
このエントリーにトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

Copyright © 失われた足あとを求めて All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]