スマホといえばシャープ。など、Mixiの足あと廃止に抗議するため、日記をこっちに移転しました。
2011年10月29日
今年の4~9月のスマートフォン並びにスマホ型ゲーム機の出荷は1
004万台で、そのうちの79.6%がAndroidスマートフォ
ン、18.7%がスマホ型ゲーム機だったそうです。そして、メーカ
ー別シェアの1位はシャープで、22.7%でした。

シャープはスマートフォンがブームになる前からウィルコム向けにW
indowsMobile搭載のスマートフォンならぬスマートピッ
チを作っていましたが、近年AndroidOSの登場により、水を
得た魚のごとく次々と優れたスマートフォンを輩出していること。中
でも「どうせスマホ型ゲーム機には勝てないから。」という理由で他
社が尻込みするなか、日本企業ではただ1社ソフトバンク向けに、な
おかつ継続的にスマートフォンを供給している。ことも大きいです。

シャープのスマートフォン戦略はなかなか興味深いです。スマートフ
ォンをスマートフォンとして使っている人が多いNTTドコモやKD
DI向けには安全パイとしての無難な形状のスマートフォンを供給す
る一方で、ソフトバンク向けにはスマホ型ゲーム機で満足してしまっ
ている人に訴求すべく、かなりブッ飛んだものを供給する傾向があり
ます。

その中でも一番ブッ飛んでいるのが007SHです。この機種はどこ
からどう見ても在来携帯電話そのものですが、Android2.3
で動いており、画面もしっかりタッチパネルになっているけどテンキ
ーでもほとんどの操作ができる。というキワモノで、スマホも欲しい
けどタッチパネルでの文字入力は不安という人に支持されています。

そして今月、ソフトバンクのみならずKDDIからもスマホ型ゲーム
機が発売され、今のところは同じ容量で比べるとソフトバンクよりも
KDDIの方が人気があるようですが、スマホ型ゲーム機に好き勝手
はさせない。とばかりに来月、昨年暮れにスマホ型ゲーム機キラーと
して猛威をふるったIS03の正当な後継機であるIS13SHを投
入する予定です。IS03の美点をそのままに防水になったことで、
スマホ型ゲーム機を買いにきたけどやっぱりこっちかな?という人は
続出しそうですね。

その他にも、3Dカメラ搭載とか、スライド式在来携帯電話を模した
ものとか、シャープは痒いところに手が届く機種を次々と投入してき
たことが、シェアNo.1の理由かな?とボクは思います。

2011年度上期のスマホ出荷、1000万台突破――Androidが8割に
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1792531&media_id=37
スポンサーサイト
TOPノーマルスマホといえばシャープ。

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
http://ikuminewswatch.blog.fc2.com/tb.php/143-7504e73e
このエントリーにトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

Copyright © 失われた足あとを求めて All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]