確かに便利だけど…。など、Mixiの足あと廃止に抗議するため、日記をこっちに移転しました。
2015年03月07日
ヤマト運輸がメール便を廃止し、4月から宅急便コンパクトを始める
との発表にオークションおよびフリマアプリの利用者から多数の落胆
の声が上がっています。従来日本国内どこでも82円で済んでいたも
のが最低660円、最高1260円になるとなれば、利用する人が大
幅に減るのは必至です。

ヤマトのメール便廃止にオタク心配
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=29&from=diary&id=3245200

その一方で、日本郵政はメール便利用者を取り込むべく4月3日から
新しいサービスを始めます。それがスマートレターです。このスマー
トレター。A5サイズで厚さ2cmの箱の形をしており、最高1kg
までという制限があるものの、日本全国どこにでも180円で配達で
きるそうです。さすがにこのサイズで衣類を送るのは無理ですが、装
飾品や腕時計などを出品している人たちには朗報かもしれません。

日本郵便、A5サイズ・180円の新しい封筒型郵便サービス
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=17&from=diary&id=3306711

しかし、ボクはこのメール便廃止騒動。露骨な官による民業潰しなの
ではないか?と思えてなりません。表向き、郵政民営化と同時に日本
郵政以外でも認可された業者は信書を配達してよい。ことにはなって
いるものの、その認可を得るための条件が民間企業には到底実現不可
能なものだからです。そのために宅急便コンパクトは専用箱を使い、
そこに入れる前の荷物に信書が含まれていないか係員が確認するため
の手間賃を加味した結果大幅に高くなってしまいました。

■手紙などの「信書」配達はなぜ実質、日本郵便だけなのか?
(THE PAGE - 02月10日 15:11)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=177&from=diary&id=3267692

信書を配達する業者として認可を得る条件の中に、日本全国に10万
個以上のポストを設置すること。があるのですが、この条件が必ずし
も現状に沿うものだとは思えません。というのも、仮に今の条件で認
可を得た業者が増えた場合、街のあちこちがポストだらけになって訳
がわからなくなる上に、料金の徴収はどうするんだ?という問題があ
ります。すなわち、ある業者に料金を払ったのに間違えて別の業者の
ポストに信書を入れてしまった。というケースが想定されていないの
です。

■セブン、日本郵便の新サービス販売へ メール便廃止で
(朝日新聞デジタル - 03月07日 11:15)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=3307497

しかし、日本全国には24時間営業のコンビニや食品スーパーが多数
あり、これらのレジもしくはサービスカウンターで料金徴収と集配を
同時に行えば上記の問題は発生しないため、24時間営業の取次店を
ポストの1つとみなして良いのでは?とボクは思います。この条件は
どう考えても緩和するべきです。

スポンサーサイト
TOPノーマル確かに便利だけど…。

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
http://ikuminewswatch.blog.fc2.com/tb.php/1377-d347e2af
このエントリーにトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

Copyright © 失われた足あとを求めて All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]