工作員に惑わされないで。など、Mixiの足あと廃止に抗議するため、日記をこっちに移転しました。
2014年06月09日
ここ最近、マクドやスタバが競って新商品を発売し、その記事がMi
xiニュースにたびたび流れるのですが、そのニュースに対する日記
やつぶやきを見ているとある傾向が浮かび上がっています。マクドの
記事に対しては「これだったらよそに行く。」「まずいのに高い。」
という書き込みが不自然に多いのに対してスタバの記事に対しては好
意的な書き込みが多くなっています。

何のことはありません。これらの書き込みをしているのは米帝が雇っ
た工作員です。なぜそんなことをするのかといえば、日本のスタバは
アメリカ本国のスタバの完全子会社であり、日本のスタバの売上が上
がればその分米帝への上納金が増えるのですが、日本のマクドはアメ
リカ本国のマクドとは別会社であり、日本のマクドの売上が伸びても
米帝への上納金はあまり増えないからです。とくに、アメリカ本国の
マクドはセブンイレブンの二の舞になることを恐れています。

なぜ日本のマクドがアメリカ本国のそれとは別会社なのかというと、
日本の食品衛生法と深い関係があります。日本のマクドの創業者は日
本でハンバーガーを売りたいと考え、アメリカ本国のマクドからレシ
ピを含む運営マニュアル一式を購入したものの、そのマニュアルがい
い加減すぎて日本では役に立たない上に、レシピに至っては日本で使
用が禁止されている素材が含まれていたため、結局一から運営マニュ
アルを作り直している間に日本初のハンバーガーチェーンの座をドム
ドムに奪われました。それでも、時間をかけて運営マニュアルを直し
たおかげで現在の人気に繋がっているのです。

一方、スタバもこの記事で書かれているほど好調だとは思えません。
イオンモール秦野の中や茅ヶ崎ラスカの前など、周りの競合店舗から
50m以上離れているスタバはいつも満員御礼なのに対して、オリン
ピックシティ湘南の中のスタバはいつも閑古鳥が鳴いています。要す
るに競合店舗がひしめく環境ではどうしても割高感に加えて注文が面
倒なことが嫌われてしまうのです。一方、スタバから逃げた客は同じ
オリンピックシティ湘南の中のマクドやイタリアントマトカフェジュ
ニアに流れており、閑古鳥が鳴くスタバとは対照的にそこそこ賑わっ
ています。

そんなわけで米帝、および米帝が雇った工作員に惑わされてはいけま
せん。スタバのコーヒーが高いわりにまずいこと、そして創業以来変
わらないマクドの100%ビーフパティを使ったハンバーガーは他社
の追随を許さないくらい旨いことは紛れもない事実です。

■苦境マック、好調スタバ、何が明暗分けた?復活策を探る 価格を買う顧客を集めた副作用
(Business Journal - 06月09日 01:20)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=175&from=diary&id=2915721



スポンサーサイト
TOPノーマル工作員に惑わされないで。

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
http://ikuminewswatch.blog.fc2.com/tb.php/1105-030877b7
このエントリーにトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

Copyright © 失われた足あとを求めて All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]