スタグフレーションを何とかしないと…。など、Mixiの足あと廃止に抗議するため、日記をこっちに移転しました。
2014年06月05日
かつて、受験のためだけの詰め込み教育が批判されたため、学校の教
科書の内容が極端に薄くなった時期がありました。受験にしか役に立
たない知識よりも実際の仕事の現場で役に立つ人格や芸術的センスを
磨いてもらう。のが目的で一時期行われたゆとり教育ですが、結局指
示された以上の仕事をやりたがらない人を増やしただけで日本企業の
競争力はかえって低下してしまいました。

何のことはありません。日本政府は増税するだけ増税しておいて、そ
れを福祉の充実はおろか財政赤字の削減にも全く使わずにアメリカに
貢いでばかりいるために、労働の内容に対して賃金や待遇が悪化し続
ける、いわゆるスタグフレーションが起きているせいで努力は全て無
駄。という空気が蔓延してしまったからです。

これを打破するためには税金をアメリカに貢ぐのをやめて内政に、そ
れも必要な仕事なのに給与や待遇が悪いために誰もやりたがらない仕
事に対して補助を出す一方で租税回避と下請け叩きで労せずに儲けて
いる一部のグローバル企業からしっかり税金を取り立てることで、止
まっているお金の流れを加速させ、努力が報われる環境にしなければ
いけないのですが、残念ながら日本政府にはその気はありません。こ
のため、ゆとり世代とそれ以前の世代のギャップは永遠に埋まること
はないでしょう。

ゆとり世代が職場で苦痛に感じること「きちんと説明してもらえない」が1位
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=95&from=diary&id=2909596
スポンサーサイト
TOPノーマルスタグフレーションを何とかしないと…。

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
http://ikuminewswatch.blog.fc2.com/tb.php/1101-c4d29393
このエントリーにトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

Copyright © 失われた足あとを求めて All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]