一見便利に見えるけど…。など、Mixiの足あと廃止に抗議するため、日記をこっちに移転しました。
2014年05月13日
金型無しに精密な立体物を製作できる3Dプリンタ。近年では比較的
安価な機種が登場し、一部では産業革命だ。とまで言われているので
すが、Foxconnの会長は3Dプリンタでまともな量産品を作れ
るはずがない。使うとしたら試作品にとどめるべきと言っています。

http://chaimaga.com/archives/930

実は、ボクも同じ意見です。というのも3Dプリンタで印刷された立
体物は紫外線にあたることでもろくなってしまうからです。なぜかと
いうと、3Dプリンタでは樹脂の粉と接着剤を噴射して少しづつ重ね
ることで立体物を印刷するのですが、紫外線にあたることで接着剤と
樹脂の粉の結合が弱くなり、やがて壊れてしまうのです。

指のないハイチ少年に「手」プレゼント、3Dプリンターで作製
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=52&from=diary&id=2879727

それを考えると、3Dプリンタで義手を作るのはどうなんだ?と思っ
てしまいます。これがフィギュアや鉄道模型などのたぐいなら、極力
紫外線があたらない場所に保存しておけばよいのですが、義手はそう
はいきません。最初は良くても日常生活の中で紫外線を浴びることで
もろくなっていき、やがて壊れたとき、この少年が受けるショックは
計り知れないものになるでしょう。



スポンサーサイト
TOPノーマル一見便利に見えるけど…。

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
http://ikuminewswatch.blog.fc2.com/tb.php/1077-2caaa7c4
このエントリーにトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

Copyright © 失われた足あとを求めて All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]