なぜその値段なのか?考えられない人が多すぎる。など、Mixiの足あと廃止に抗議するため、日記をこっちに移転しました。
2014年03月03日
近年、際限なく続くスタグフレーションのために低価格を売りにする
商品やサービスを提供する企業が躍進していますが、その一方で低価
格という利点を享受しながら度を越した苦情を言ったり、範囲外のサ
ービスを要求し、それが叶えられないと暴言を吐いたり、店員に暴行
を加えたりする人が散見されます。なぜ安いのか?考えられない、も
しくは考えようとしない人が増えているって悲しいですね。

ボクは昔から量販店を散策するのが好きでした。そこでは安く売るた
めに昔からいろいろな工夫がされており、感心しています。商品を棚
に並べずに入荷した段ボール箱の一部を切り欠いて並べることで品出
しの手間と時間を省くのは定番中の定番ですが、お店の規模が大きく
なると、倒産した業者から商品を安く買い叩いたり、あるいは人件費
の安い外国に大きな工場を建てて自分の店で売るためだけの商品を生
産したり。と様々な方法で低価格化を実現しています。

また、ボクは買って来た家電製品を分解して中を見るのが好きです。
とくに以前の相場より大幅に安い商品が登場したときは必ず買って中
身を確かめたものでした。1つのモーターで2つのデッキを駆動する
Wカセット搭載のミニコンポやラジカセ、メイン基板にタクトスイッ
チが載っていて、正面ボタンの先の触手でそれを押す構造にすること
でパネル基板を省略したビデオデッキなど、よく考えつくものだ。と
頭が下がります。

しかし近年、製造、週通段階での低価格化は限界が近づいてきている
ため、接客サービスでのコスト削減が要求されています。要するに、
余計なサービスを一切しない分だけ安い。というもので、これにはカ
ット専門(剃毛、洗髪、マッサージは一切なし)の理髪店や貸しタオ
ル、貸しガウンを別料金にして料金を抑えた温泉療養施設が当てはま
ります。そして、多くの人は余計なサービスが一切提供されないこと
を理解しながら、これらのお店を利用しているのです。

そして、食品スーパーでも商品説明や荷物運び、売り場の案内などの
サービスを一切行わない代わりに低価格とした店が増えているのです
が、それを理解せずに食材の調理方法を店員に聞こうとしたり、米袋
をレジからサッカー台まで運ぶことを強要して断られたためにキレた
りする人がたまにいて呆れてしまいます。安い商品と安い店には必ず
その理由があるはずなので、よく考えてほしいと思います。

■モンスター消費者とブラック企業が社員を蝕む~安価でも要求高い客、精神論の企業
(Business Journal - 03月02日 14:00)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=175&from=diary&id=2785692



スポンサーサイト
TOPノーマルなぜその値段なのか?考えられない人が多すぎる。

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL
http://ikuminewswatch.blog.fc2.com/tb.php/1007-383ca05c
このエントリーにトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スポンサードリンク

Copyright © 失われた足あとを求めて All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]